ヴィナシス金町タワーレジデンス | トップページ | パークハウスワンズタワー

ライオンズタワーみどりのスタイリーナ

090619_lions-tower-midorino_006.jpg
ライオンズタワーみどりのスタイリーナ 物件概要
所在地 茨城県つくば市上萱丸224-1
交通 つくばエクスプレス「みどりの」駅徒歩2分
建物竣工 2009年6月
構造 地上25階階建(免震構造)
総戸数 177戸
EV基数 13人乗 105m/分 1台,9人乗 105m/分 1台,非常用 13人乗 105m/分 1台
合計3台(59.0戸/台)
間取り 1LDK~4LDK
面積 66~144 (m2)
分譲価格 1,900 ~ 5,400万円台
売主 大京
販売会社 大京
設計事務所 熊谷組
施工会社 熊谷組
090619_lions-tower-midorino_016.jpg
パンフレット
090619_lions-tower-midorino_040.jpg
パンフレット
090619_lions-tower-midorino_045.jpg
パンフレット
090619_lions-tower-midorino_110.jpg
図面集
090619_lions-tower-midorino_118.jpg
図面集
090619_lions-tower-midorino_102.jpg
物件概要
基礎
国土交通大臣の認定
「ライオンズタワーみどりのスタイリーナ」は構造の安全性において国土交通大臣の認定を受けています。 設計段階において、超高層タワーにふさわしい高い免震目標を設定しています。 その目標をクリアするため、敷地の詳細な地質調査(ボーリングによる土質試験・標準貫入試験等)を行い、正確な地盤状況を把握。 時刻歴地震応答解析により徹底した検討を行っています。 こうした厳しい調査と解析に基づき、厳選した構造部材や基礎工法を採用。 国土交通大臣の指定性能評価機関である(財)日本建築センターの超高層建築物構造性能評価委員会 による「構造性能評価」、及び国土交通大臣の認定を受けて建設されます。
構造
3種の装置を複合した「免震構造」
耐震構造とは、地震の揺れ(エネルギー)に耐えて倒壊を防ぐ耐久力を有する構造のこと。 一般的に超高層建築物はその高さゆえの特性として、木がしなるようにゆっくり、 大きく揺れることで地震のエネルギーを吸収する耐震構造になっています。 しかし、建物が倒壊しなくても、揺れによって室内の家具が倒れたり、火災などが発生するなど、 二次被害の危険性を取り除くことはできません。 そこで、「ライオンズタワーみどりのスタイリーナ」では、超高層建築物に合わせて耐震構造よりも安全性の高い免震構造へと進化しました。

免震構造とは、基礎と建物本体の間に免震装置を設置した免震層を造り、その免震層をゆっくりと変化させることで地震の揺れを吸収し、建物や居室に揺れが影響するのを抑えた構造です。 「ライオンズタワーみどりのスタイリーナ」では、複数の免震装置を組み合わせ、免震効果を確保しながら、免震部材の引き抜き力を防止・低減いたしました。 これにより、免震周期を更に長周期化し、建物に生じる応答転倒モーメントを低減。 また、風揺れについては、高減衰ゴム系積層ゴムとオイルダンパーで効果的に振動を吸収します。
「高減衰ゴム系積層ゴム」
地震時の柱の軸力変動の少ない中柱部分には、高減衰ゴム系積層ゴムを配置。
「天然ゴム系積層ゴム」
建物外周部は、性能変動や高荷重に信頼性の高い天然ゴム系積層ゴムで支持。
「オイルダンパー」
地震時の入力の減衰、及び風揺れ対策のため、免震層にはオイルダンパーを配置。
百年コンクリート
一般的なマンションに用いるコンクリート強度である21~27N/mm2に対して、強度30~60N/mm2のコンクリートを採用しました。 これは、1m2あたり約3,000t~約6,000tの荷重に耐えられる強度を表します。 日本建築学会のJASS5の基準において、大規模補修不要予定期間として「約100年」を目指したもので、2代、3代にわたる永住に備えています。 高さ60m以上の超高層住宅は、耐震性・安全性において、通常の建築物よりはるかに厳格な建築基準が設けられています。 その厳しい基準をクリアしたものだけが、国土交通大臣の認定を受け、建築が許可されます。
サイレントポイドスラブ
スラブ部分には、ボイドスラブ工法(サイレントボイド)を採用しています。 床全体が梁の役割も果たすので、天井に小梁がなくなり、 将来のリフォームやメンテナンスにもフレキシブルに対応します。 また、中空ボイド部分で音の共振を防止する形状にすることで、従来の矩形ボイドと比較して遮音性能を向上させました。 (一部のスラブを除く)
「KHR-PC構造」
居住性能をより向上させるために、品質と安全性に優れた「KHR-PC構造」を採用しました。 建物の耐久性を高め、環境に配慮した工法です。
住宅性能評価書
住宅性能評価とは、国土交通大臣の登録を受けた第3者評価機関が、 共通のルールに基づいて新築マンションの性能を評価(申請は任意)し、表示したものです。 「設計住宅性能評価書」は設計図書の段階で図面等から評価し、 「建設住宅性能評価」は工事施工中の数回の検査と竣工時の検査で評価します。 「ライオンズタワーみどりのスタイリーナ」は、「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」共に取得済みです。

■新築分譲時の価格情報[2009/7/30]
部屋番号タイプ名価格間取り階数専有面積
602B12,380万円2LDK6階85.00平米
605E1,990万円2LDK6階75.01平米
901A23,310万円3LDK9階100.66平米
905E2,080万円2LDK9階75.01平米
1102B12,560万円2LDK11階85.00平米
1103C12,590万円2LDK11階86.57平米
1104D2,490万円2LDK11階87.47平米
1105E2,170万円2LDK11階75.01平米
1107G2,680万円3LDK11階80.50平米
1108H2,230万円2LDK11階73.21平米
1908H2,310万円2LDK19階73.21平米
2004D2,700万円2LDK20階87.47平米
2501K4,980万円4LDK25階144.37平米

ヴィナシス金町タワーレジデンス | トップページ | パークハウスワンズタワー