ライオンズタワー相模原 | トップページ | イーストゲートタワー川口

ブランズタワー南千住

100130_branz-tower-minami-senju_006.jpg100130_branz-tower-minami-senju_007.jpg
ブランズタワー南千住 物件概要
所在地 東京都荒川区南千住7-1-1
交通 JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住」駅徒歩1分
建物竣工 2010年1月
構造 地上29階地下1階建(耐震構造)
総戸数 215戸
EV基数 11人乗 120m/分 1台,13人乗 120m/分 1台,非常用 17人乗 120m/分 1台
合計3台(71.6戸/台)
間取り 2LDK ~ 3LDK
面積 56 ~ 107 (m2)
分譲価格 3,920万円 ~ 1億240万円
売主 東急不動産
販売会社 東急リバブル
設計事務所 大成建設
施工会社 大成建設
100130_branz-tower-minami-senju_027.jpg
パンフレット
100130_branz-tower-minami-senju_035.jpg
パンフレット
100130_branz-tower-minami-senju_057.jpg
パンフレット
100130_branz-tower-minami-senju_110.jpg
図面集
100130_branz-tower-minami-senju_128.jpg
図面集
100130_branz-tower-minami-senju_136.jpg
物件概要
基礎
地盤確認。
建物構造の安全性は、建物を支える地盤、さらには建物と地盤を一体化させる基礎が強固なものであることが必要です。 地盤の強さは敷地によって異なるので、『ブランズタワー南千住』では事前に標準貫入試験等の地盤調査を行い、建物の支持層としてふさわしい強固な地盤を割り出した上で、適切な基礎設計を行っています。
N値50以上の安定した地盤に、多くの杭を打ち込み支える杭基礎工法を採用。
より強固で耐久性の高い建物を実現するため、『ブランズタワー南千住』では、綿密なボーリング調査の結果をもとに、強固な地層まで46本の杭をしっかりと打ち込んで、建物を支える「杭基礎工法」を採用。 支持層は、GL-42m以深の密実な細砂層。地盤の堅さを示すN値は50以上。 一般的なマンションと比較しても、充分に安定した支持力が得られる地層といえます。 また、杭は大きな先端支持力を確保する工法を用いた、場所打杭を採用しています。
構造
先進の制震工法で、地震に強い超高層を実現。
地震に強いタワーマンションを目指して。『ブランズタワー南千住』では、先進の制震工法を採用。 エネルギー吸収能力の高い柔らかな鋼材を間柱として組み込むことで、振動エネルギーを集中吸収。 建物の揺れを低減します。さらに、超高層を支える杭基礎には、「F.T.(FlexTop)Pile構法」を採用。 杭の主筋を基礎に定着させない「半剛接合」にすることで、杭頭部の回転を許容して、 地震時に杭に作用する力を有効に低減します。
先進の制震工法を採用。
塑性変形性能に富んだ鋼材を、間柱としてフレームに組み込むことにより地震エネルギーを吸収し、建物の揺れを低減します。
高強度コンクリート採用。
確かな技術の積み重ねから、上質な未来を語るタワーマンションが生まれます。 75年間大規模な修繕を必要としない耐久性を構造躯体に求めています。 『ブランズタワー南千住』では、3世代(75~90年)以上にわたって大規模な修繕を必要としないよう、 劣化軽減の性能を構造躯体に求めています。その基本となるのが構造体コンクリートの圧縮強度、水セメント比、かぶり厚さです。 『ブランズタワー南千住』の構造体コンクリート強度は、設計基準強度を24N/mm2(1m2あたり約2,400トンの圧力に耐える強さ)以上とし、最大70N/mm2以上の品質基準強度として、構造強度と耐久性に配慮しています。
コンクリートの水セメント比
コンクリートは水・セメント・骨材等を混ぜて造られています。 水セメント比とは、コンクリートを調合する際のセメント量に対する水量の重量比のことです。 水が少ないはと強固なコンクリートとなり、収縮やひび割れを防いで建物の耐久性を高めます。 コンクリートに使う砂、砕石などの骨材については「材料試験」「骨材のアルカリ反応性試験」などを実施し、 厳しい基準をクリアした建築材料を採用。そしてJIS表示認定工場でコンクリート技士による厳格な管理のもとに調合・製造されます。 さらにコンクリート受け入れ時に、第三者機関によるフレッシュコンクリート試験(スランプ、空気量、塩化物含有量など)を行います。 また、打ち込み前のコンクリートを採取して供試体を作成し、後日コンクリート圧縮強度試験を実施して、圧縮強度を確認します。
鉄筋を錆から守るかぶり厚さ。
『ブランズタワー南千住』では、かぶり厚さを建築基準法に定められた最小かぶり厚さの値より10mm厚くした値を目標としています。 かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことです。コンクリートは表面から徐々に中性化か進行しますか、鉄筋まで進むと、鉄筋か錆び て体積か膨張し、コングノートに亀裂を生じさせます。 かぶり厚を充分にとることで、中性化の進行を遅らせ、耐久性を高めることができます。
通常鉄筋を上回る強度を誇るウルボン筋を採用。
建物の骨格となる鉄筋には、高強度せん断補強筋ウルボンを採用しています。 一般的な鉄筋に比べ、せん断力(ハサミで切るような力)に対抗する補強効果が高く、耐震性が向上します。
確かな品質基準、「住宅性能評価」を取得。
国土交通大臣登録の第三者機関が、耐震性や耐久性などについて評価・検査する「住宅性能表示制度」。 『ブランズタワー南千住』では、設計段階での「設計住宅性能評価書」をすでに取得。 さらに、完成時には「建設住宅性能評価」も取得予定。未来へ誇れる、確かな品質を追求しています。
価格情報
所在階 価格 坪単価 間取 専有面積 データ取得日
26 階6,180 万円267 万円2SLDK75.90 平米2011年08月31日
8 階1,980 万円228 万円1DK28.41 平米2010年09月10日
8 階6,980 万円264 万円3SLDK87.21 平米2011年08月31日
7 階2,380 万円208 万円1DK37.37 平米2011年04月30日

*平均坪単価:241 万円



■新築分譲時の価格情報[2009/11/22]~[2010/06/04]
部屋番号タイプ名価格間取階数専有面積
902E5,060万円3LDK9階69.25平米
1001B4,470万円2LDK10階61.66平米
1109I5,450万円3LDK11階74.74平米
1202E5,120万円3LDK12階69.25平米
1504G4,840万円2LDK15階70.79平米
1509L5,620万円3LDK15階75.90平米
1601F5,150万円3LDK16階70.09平米
1701F5,160万円3LDK17階70.09平米
1808C4,640万円2LDK18階63.43平米
2109L5,760万円3LDK21階75.90平米
2210J5,440万円3LDK22階74.77平米
2409L5,830万円2LDK24階75.90平米
2502O5,790万円3LDK25階78.15平米
2503S6,310万円3LDK25階86.02平米
2801PeaksD9,220万円3LDK28階106.55平米

ライオンズタワー相模原 | トップページ | イーストゲートタワー川口