サイオン桜坂 | トップページ | 平河町森タワーレジデンス

シティタワー赤羽

091101_ct-akabane-station-court_004.jpg
シティタワー赤羽ステーションコート 物件概要
所在地 東京都北区岩淵町38-1
交通 南北線「赤羽岩淵」駅徒歩1分
JR埼京線・京浜東北線・宇都宮線・高崎線「赤羽」駅徒歩8分
建物竣工 2009年11月
構造 地上22階地下1階建(耐震構造)
総戸数 83戸
EV基数 13人乗 105m/分 1台,非常用 17人乗 105m/分 1台
合計2台(41.5戸/台)
間取り 1LDK~2LDK
面積 45 ~ 61 (m2)
売主 住友不動産
販売会社 住友不動産
設計事務所 協立建築設計事務所
施工会社 鴻池組
091101_ct-akabane-station-court_007.jpg
パンフレット
091101_ct-akabane-station-court_016.jpg
パンフレット
091101_ct-akabane-station-court_015.jpg
パンフレット
091101_ct-akabane-station-court_106.jpg
図面集
091101_ct-akabane-station-court_113.jpg
図面集
091101_ct-akabane-station-court_110.jpg
物件概要
基礎
強固な地盤と基礎杭 15本の杭を打設
地震に強い建物づくりには、強固な地層を支持地盤とすることが重要です。 「シティタワー赤羽ステーションコート」では、地下約40m以深、N値60以上の柵砂層を建物を支える支持地盤としています。
「シティタワー赤羽ステーションコート」では、アースドリル工法により、軸径約2,000mm、拡底径2,600mm~2,900mmの杭を15本打ち込んでいます。 ※N値とは:地盤の硬さ等を示す数値。重量63.5のハンマーを75cm自由落下させ、サンプラーと呼ばれる鋼管パイプを地中に30cm打ち込むのに、上から何回叩いたか、その回数を示すものです。N値50とは、30cm打ち込むために50回叩かねばならない強固な地盤であることを示します。
構造
50%以下の水セメント比
コンクリートの耐久性を向上させる50%以下の水セメント比コンクリートの耐久性を高めるため、 セメントの重量に対する水の重量の割合を50%以下に設定しています。 水セメント比が小さくなるほど、強度が大きくなる傾向があるといわれています。
柱を粘り強くし耐震性を高める溶接閉鎖型帯筋
主要な柱部分には帯筋の接続部を溶接した、溶接閉鎖型帯筋を採用しました。 溶接による安定した強度の確保によって、地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、柱の拘束力を高めます。
機械式継手
主要な柱や梁の主筋には、施工時の天候等の影響を受けにくく、安定した性能を発揮する機械式継手を採用しています。

■新築分譲時の価格情報[2010/02/25]~[2011/04/30]
部屋番号タイプ名価格間取階数専有面積
403C4,300万円2LD4階60.39平米
404D3,400万円1LD4階45.04平米
502B4,000万円2LD5階55.18平米
504D3,400万円1LD5階45.04平米
804D3,400万円1LD8階45.04平米
1401A4,900万円2LD14階61.63平米
2103C4,980万円2LD21階60.39平米

サイオン桜坂 | トップページ | 平河町森タワーレジデンス